YJ SALON WORK MODEL FILE 5 “Natural Highlight”

こんにちわ、大川です。
気持ちの良い天気が続きますね。このまま梅雨にならないで夏になればいいのに。。
さて、更新のペースは落としてますが、飽きない様に頑張って更新していけたらと思ってます。


今回のブログで紹介するのは、【YJ Method Highlight Basic vol.2】で登場してくれたモデルさん、宮崎さんです。彼女はハイライトをたまーに思いついた時にしかやらない、全然ハイライトマニアじゃない人です。元々頭皮が弱く、軽いジアミンアレルギーの為、普通のシングルカラーは出来ません。

ここ数年はほったらかしだったらしく、毛先の方に昔の褪色が少し残ってる程度の、ほぼヴァージン毛の状態からスタートです。


さて、私達がクライアントにカラーを施術する時に、よく困るのが「頭皮が弱いから頭皮に付けない様にカラーしてください」「アレルギーなので普通のカラー剤は使わないでください」などがあります。
白髪染め等の「色を入れる」カラーなら、ヘアーマニキュアやヘナ等の選択肢もありますが、明るいヘアカラーを楽しみたい、となるとどうしてもアルカリ剤、もしくはブリーチ剤を使わないと毛髪を明るく出来ません。
シングルカラーの塗布方法に「0テク」と言って、頭皮ギリギリから軽く浮かせてタッチする、と言ったテクニックもありますが、薬液はクリーム状で滲んでしまうので、厳密に頭皮に付けない、と言うのはかなり難しい作業になります。


そこで今回は「Classic 5 Half Set」を使用した”Natural Highlight”をやることにしました。


以前のブログで何個か紹介した「YJ Method美学シリーズ」の一つに、「あたかも地毛が生えてきているようにハイライトをする」 と言ったものがあります。
頭皮ギリギリから自然にハイライトがはじまり、かつ明るいハイライトなのに地毛の様にナチュラル。ハイライトのみで一切のカラーをオンしない。もちろん頭皮も完全に守られますし、一切染めてない地毛がハイライトの間に残るので、新生部が生えて来た時にほとんどカラーの後が付かなく、ほったらかしてもOK。
ライトナーで明るくしているだけなので、ハイライトの色は自分の地毛の色。褪色もほぼしないので、数か月後でも同じ色です。


“Natural Highlight”

アレルギーや頭皮の弱い人でも、ハイライトカラーならイメチェンを楽しめますよ💛

“Natural Highlight” のやり方に興味のある人は、ACADEMY無料会員に登録すれば誰でも視聴できる「YJ Method Highligh Basic vol.1」を見てみてください。(番宣)


私のInstagramです。もし良かったらどうぞ。



BLOG TOPへ戻る

関連記事

PAGE TOP